Blog

生理前や生理中に貧血の様な症状が起こることはありませんか?

経血量には個人差があり、同じ人でも
その時のホルモン状態によって経血量が大きく違う事もあります
生理前や生理中の貧血はこの多量の経血量が原因で
貧血が起こるのではありません

生理前や生理中には経血の排出をするため
子宮周囲の組織への血液量が増加します
これにより他の組織への血液供給が少なくなってしまいます
この場合、特に脳への供給量が低下する事で
「虚血性貧血」が起こってしまうのです。

生理中の頭痛においても脳への血液供給の低下が
要因として挙げられます

この虚血性貧血の症状は一時的であり
生理が落ち着くと血流バランスが整い
貧血の頻度は減少する事が多いです

慢性的に続いている貧血であれば
重篤な病気を引き起こす要因となるため
症状によっては十分注意が必要です。

貧血の予防の一つとしては
日頃から鉄分を摂取していることが肝心であり
効率よく鉄分を補給する事が必要です。

鉄分には体に吸収されにくい「非ヘム鉄」と
吸収されやすい「ヘム鉄」があります。

非ヘム鉄には貝類や野菜、ひじきに含まれ
ヘム鉄は肉や魚に含まれています。

身体に吸収されにくい非ヘム鉄でも
ビタミンCや果実酸、ヘム鉄と一緒に摂取する事で吸収されやすくなります。
普段の食事から鉄分摂取を心掛けることで改善に繋がりますので
貧血傾向の方は是非注意してみてください

Pocket