Blog

こんばんは、まだ暑さが続きますね。
疲れているときやいやなことがあった時など、
甘いものや美味しいものを食べて
元気を出そうと思ったことはありませんか?

これは、第2の脳と呼ばれる
腸の神経系システムの影響だと言われています。
腸の神経細胞の数は脳についで2番目に多く存在しており、
自律神経にも深く関係しています。

腸壁には腸神経系という
消化をコントロールする組織が存在しますが、
腸神経系は環境の変化に応じて
脳とは別に行動に影響を及ぼすことができるといわれています。

腸は脳と同程度である約40種類の神経伝達物質を合成しており、
体内のセロトニン95%でつくられています。

腸で合成されたセロトニンは
肝臓がダメージを受けると血液に入って修復を務めます。

また、ドーパミンにおいても
脳と同程度合成していると考えられています。

ある研究では、脂肪酸を与えられた被験者は、

生理食塩水を与えられた被験者よりも
悲しい音楽や写真に対して反応が弱くなることがわかっています。

また、脳が空腹を感じると
グレリンという物質を生成するようになります。
これは腸内で食欲増進や不安と抗うつに関わります。

グレリンは脳内のドーパミンの放出を促進させるため、
疲れたときやストレスを感じたときに
脂肪酸を多く含む食べ物によって気分が良くなるのは、
腸からの神経伝達物質が脳へ影響を与えているためではないかと
考えられています。

しかし、甘いものの食べ過ぎは禁物です。
もう9月とはいえまだまだ暑さは続きます。
アイスやかき氷、冷たいジュースなどを摂取しすぎないようにしましょう。

Pocket