ブログ

こんばんは、女性のリハビリテーション研究会です。

早速ですが、

女性の身体の機能の中で要となる骨盤底筋群についてお話いたします。

 

骨盤底筋群の役割は大きく分けて2つ。

1つ目に弾力性のある骨盤底を形成し内臓を支えること。
2つ目に定期的に開口して排泄をコントロールすること。

 

これらの2つの機能は相反することだということが想像できるでしょうか?

 

骨盤内臓器や腹部臓器は、均等な内臓柱を形成し、

腸骨窩と坐骨恥骨枝の上端にのっている状態です。

 

骨盤入口には少なくとも重力に抗している限りは

圧が加わっていることになります。

 

骨盤内臓器は骨盤底にのり、

会陰部は骨盤内臓器の下垂を妨げるために閉口していなければなりません。

 

ここの骨盤底筋群が何かしらの原因で硬くなってしまうと、

くしゃみや咳などの際に急激に上昇する腹圧に対応できず、

骨盤内臓器は圧縮されてしまうことになります。

 

骨盤底筋群がある程度の柔軟性を保つことで

腹圧のコントロールをし、

内臓を保護してくれているのです。

 

ある程度の支持性が必要です。

 

反対に排泄のコントロールでは選択的に開口し、

排泄物を体外に出します。

 

ということは、選択的に

緩ませる=弛緩力が必要ということになります。

 

男性と違って支持している臓器が異なるので、

男性と女性では骨盤底筋群の役割の大きさが異なってくるのです。

 

本日は骨盤底筋群の大まかな役割についてお話させていただきました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Pocket