ブログ

こんにちは!
今回は、分娩と股関節との関係をお話ししますね。

 

分娩時には、仙腸関節が緩み、

骨盤が開くということは

同時に股関節が屈曲・外転・外旋するということです。

 

しかし、リラキシンホルモンにより

仙腸関節や周囲筋の緩みが不十分であったり、

股関節の可動性が少ないと

骨産道が十分確保できず、難産となります。

 

仙骨には内閉鎖筋や梨状筋が付着しており、

これらは大腿骨大転子および転子窩に停止をもちます。

 

股関節外旋の作用がある筋ですが、

ここで重要なのは骨盤底筋群と連結しているということです。

 

梨状筋や内閉鎖筋の硬さがあるということは、

連結をしている骨盤底筋群にも硬さが生じ

起始部である仙骨の可動性も制限します。

 

すると、分娩時の開排動作も困難となり、

十分いきむことができなくなります。

 

これでは娩出力が得られず、身体への大きなストレスとなりかねません。

 

胎児の重みと、

体重増加で骨盤が開けば、

股関節屈曲・外旋位となり外旋筋群は短縮してしまいます。

 

骨盤底筋群の機能向上を図るには股関節の評価、治療も重要です。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

Pocket