ブログ

アメリカの研究報告で“歯周病は早産の危険因子のひとつ”と発表されています。

 

早産の原因に喫煙や飲酒、高齢出産も挙げられますが、これらの要因よりもはるかに高い確率で歯周病も早産に関連しています。

 

早産、低出生体重児を出産した女性を調査すると歯周病罹患率が高く、そのリスクは歯周病でない人の7.5倍でした。
歯周病と早産のメカニズムも明らかになっており、出産のメカニズムと一致するのです。
まず陣痛は子宮を収縮するプロスタグランジンの分泌が高まって起こります。そしてサイトカインという炎症によって増える物質がこのプロスタグランジンの分泌を促すのです。
サイトカインが増え、その刺激でプロスタグランジンが分泌され、子宮の収縮が起き、早産になります。

 

歯周病は歯周病菌によって炎症を起こしている状態です。歯の周りの炎症がサイトカインを増加させ、プロスタグランジンが分泌され、子宮の収縮を引き起こし早産になりやすくなるというメカニズムです。

 

実際、歯周病の程度が重くなるにつれ、血中のサイトカインが増加します。
サイトカイン数値が高い人ほど出生時期が早くなっていることもわかっています。

 

歯周病管理の知識は十分に普及していないのが現状です。
歯周病に対してセラピストが直接関与することはできませんが、歯周病管理の重要性を伝えることで母子の一生涯の健康を援助することに繋がるのではないでしょうか。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました

Pocket