ブログ

骨盤の歪みが問題となることは多くありますが、骨盤内にある臓器にはどのような影響があるのでしょうか。

 

骨盤内臓器の一つである子宮は正中線上で膀胱と直腸との間に位置する筋性の臓器です。下方は膣まで続いており、上方では左右の卵管が子宮から外側へ伸び、卵巣付近で腹膜腔に開いています。
厚くなった筋膜が子宮から恥骨頚靭帯(前方)、子宮頚横靭帯・基靭帯(外側)、子宮仙骨靭帯(後方)を形成しています。

 

ここで特に重要なのが基靭帯です。
この靭帯は子宮頚と膣円蓋の両方から外側へ伸びており、同側の骨盤壁に達します。
これらの靭帯が会陰膜や会陰腱中心、肛門挙筋とともに骨盤腔で子宮を固定しています。

 

子宮から骨盤壁に付着している靭帯が存在しているため、骨盤の左右差などが大きく生じている場合、これらの靭帯の張力にも左右差が出現することが考えられます。
靭帯に左右差が生じている場合、その先に付着している子宮にも影響があることが予測されます。

 

骨盤の左右差は何が原因で不調を来たしているのか、内臓へどのような影響を及ぼしているのかを予測し考えることが重要です。
アプローチを行う上で、基礎機能解剖を頭にイメージできることで、より感覚が確かなものになり効果も出やすいですよね。

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

Pocket