ブログ

妊娠期には様々な不安を感じて精神的に疲れてしまう中で、十分な睡眠が取れないとなると余計に疲れてしまいますよね。
姿勢不良はアライメントの変化により拮抗筋のバランスが崩れたり、負荷がかかる事で筋の毛細血管が圧迫され、循環不全を起こしたり、その影響で神経も圧迫されてしまい、疼痛を引き起こす場合が多いです。

 

妊娠期の身体を考えると、赤ちゃんの成長と共に重心位置は変化し腰椎、骨盤の状態は妊娠前とは異なります。

 

妊娠初期でも、呼吸状態が変化する他、つわりが辛い事で姿勢をかがめることが多いと、脊柱の可動性低下が起こりやすいです。

 

妊娠期の身体を考えると赤ちゃんの成長とともに重心位置は変化し、腰椎・骨盤の状態は妊娠前と異なります。
妊娠初期でも呼吸状態が姿勢を保持している抗重力筋をはじめインナーユニットの筋群はセロトニンと関連しています。セロトニンは心を安定させる働きがあり、睡眠を促すメラトニンの分泌を促します。変化する他、つわりが辛いことで姿勢をかがめることが多いと、脊柱の可動性低下が起こりやすいです。
姿勢を保持している抗重力筋をはじめインナーユニットの筋群はセロトニンと関連しています。
セロトニンは心を安定させる働きがあり、睡眠を促すメラトニンの分泌を促します。

 

不良姿勢を続けることでこのセロトニンの働きが低下してしまい、睡眠の質も低下するため倦怠感が抜けず、メンタルにも影響してしまうのです。

 

不良姿勢を続ける事でこのセロトニンの働きが低下してしまうと、睡眠の質も低下し、倦怠感が抜けず、メンタルにも影響してしまうのです。
妊娠初期の無理な運動は禁物ですが、姿勢に関与する筋の緊張緩和、血流の促進は睡眠の質やメンタル面の向上にも繋がります。

Pocket