Blog

 

妊娠中は体調や心理状態が大きく変化するので妊娠前は普通に出来ていたあれこれが出来なくなるのは当たり前の事です。そんな状態の自分を許せなかったり今までに無い心身の変化に不安を覚える方がうつになりやすい傾向にあります。

強度な運動は母子共に危険ですが

妊娠前、妊娠期の有酸素運動をしておくことで産褥期のうつ症状が軽くなるということがある研究で出ています。

 

良い指標をいくつかご紹介いたします。

・母体心拍数 135 bpm 程度

・自覚的運動強度「やや楽である」程度

・妊娠中期から後期では運動終了後の 30 分間で少なくとも 1 ~ 2 回以上の胎動の出現

また、運動実施時間は

午前 10 時から午後 2 時頃がおすすめです。

子宮収縮出現頻度が最も少ないためです。

頻度は運動習慣の少な い妊婦さんであれば週 2 ~ 3 回で,1 回の運動時間は 60 分以内が望ましいと考えられています。

 

参考にしてみてください。

 

Pocket