Blog

こんばんは!!
女性のリハビリテーション研究会です。
お越しいただきありがとうございます。

 

甘いものを常に欲している方は、もしかしたら腸内に常在している“カンジダ”というカビのせいかもしれません。

 

甘いものを食べ過ぎると腸内のカビ、カンジダが増殖します。
そうなると、どのような症状が起こるでしょうか。

 

●アトピー、アレルギーの発作
●腸炎
●ホルモン異常
●慢性肩こり、腰痛
●情緒不安定

 

などの全身に関わる問題へと発展します。

 

 

カンジダは甘いもののうち、白砂糖や果糖(お菓子やケーキなどに含まれる砂糖)を餌とし、もっと欲しがります。
しかし善玉菌はカンジダを餌としているため、善玉菌を増やすような食生活をしていると、自然と腸内環境も良くなってきます。

 

 

例えば…
【食物繊維】
穀物、イモ類、豆類などの他、海藻類やキノコ類、こんにゃく、ごぼうやにんじんなどの野菜に多く含まれる成分

 

【オリゴ糖】
玉ねぎ、ごぼう、アスパラガス、とうもろこし、ネギ、大豆などの豆類、バナナ、はちみつなど

 

これらは善玉菌の栄養素となるため、なるべく摂取していきたいですね。
食による不調は、アトピーなど身体に出る症状だけではありません。
気分的に落ち込みがちな時も、今一度食事を見直してみてくださいね。

Pocket