Blog

昨日でのブログでは妊婦のうつについてお話させていただきました。
その中で妊娠前や妊娠時に有酸素運動をすることで産褥期のうつ症状が軽くなることをお伝えしました。
本日は具体的な運動の指標をお伝えしたいと思います。

 

●母体心拍数135bpm程度
●自覚的運動強度『やや楽である』程度
●妊娠中期から後期では運動終了後の30分間で少なくとも1~2回以上の胎動が出現する

 

運動実施時間は
●午前10時~午後2時頃がお勧め
(子宮の収縮出現頻度が最も少ない時間)

 

頻度は
●運動習慣のない妊婦ではあれば週2~3回
●1回の運動時間は60分以内が望ましい

 
身体の変化が大きく、戸惑うことも多い妊娠期間中ですが周囲のサポートがあれば
うつは必ず克服することができます。
妊婦さんは、完璧に全てのことをやり遂げようとせず、自分自身を許して上げてください。
可愛い赤ちゃんに出会えることを一番の楽しみになさってください。

 
本日も最後までありがとうございました。

Pocket