ブログ

骨盤底筋群といっても大変多くの筋がありますよね。

骨盤底筋の中でも大きな筋肉は肛門挙筋になります。肛門挙筋も3つの筋肉をまとめて肛門挙筋と呼んでいます。

また浅層にある筋肉も重要な役割を果たしています。浅層にある浅会陰横筋は会陰腱中心を両端から結び会陰腱中心を支持しています。

 

また、肛門挙筋は尾骨を中心に構成されています。

 

尾骨のゆがみは肛門挙筋の働きに影響を与えてしまい、肛門挙筋にとって尾骨というのはとても重要な骨になります。

 

アライメントを評価するときに坐骨の位置と尾骨の位置を見てみるというのはとても重要な評価ですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

【ウーマンズヘルスケアフォーラム2016in東京】

<strong>〔お申し込み〕</strong>

<a class=”q_button rounded sz_l” href=”https://ssl.form-mailer.jp/fms/61964f34441685″>お申し込みはこちらから</a>

〔開催日〕2016年11月13日(日)

〔時間〕10:30~18:45(予定)

〔講師〕田口 順子先生 「産前産後のリハ」

布施 陽子先生 「妊娠・出産における理学療法」

須永 康代先生 「妊娠・出産期の運動学」

田舎中 真由美先生「骨盤底部機能不全に対する評価とアプローチ」

橋谷 圭伊子先生 「ツワリに悩まされない妊娠体質の創り方と赤ちゃんの成長と発達に必要な栄養」

〔会場〕すみだリバーサイドホール

(浅草駅より徒歩5分)

〔受講費〕14,800円(各種割引あり。詳しくはHPをご覧ください)

〔定員〕700名

〔参加者〕PT,OT,ST,Nrs,その他セラピスト

Pocket