ブログ

骨盤の左右差が大きい場合、
痛みや産後の不調も訴えるという研究データがあります。

 

「歪んでいるからその歪みを調整する」
という短絡的な考え方ではよくはありません。

 

「なぜ歪みを生じさせているか」という根本的な原因を考える必要があります。

 

妊娠期に骨盤の歪みが酷い場合、
お腹の中にいる胎児は、
その歪みのある骨産道を通っていかなければなりません。

 

歪みがあるという事は、
仙腸関節の働きにも左右差が生じており、
胎児が産道を通る際に仙腸関節の動きが
うまく生じない事が予測されます。
更に骨盤の歪みがあるという事は、
股関節の可動性や筋出力にも影響を及ぼすという事です。

 

もちろん全く左右対称という事はありませんが、
大きな骨盤の偏移は当然骨産道にも影響を与えます。

 

矢状面上では、
腰椎のアライメントへの影響も考える必要があります。

 

産後の不調を訴える人の多くは、
腰椎の前弯方向への力が加わっていることが多いと思いますが、
アライメント自体の前弯増強というのはあまり見かけないことが多いです。

 

骨盤、股関節、腰椎と関連する関節の影響を
読み解いていく事が産後の身体を診ていく上で重要な事ですね。

 

11月13日のウーマンズヘルスケアフォーラムでは、
産前・産後、妊娠・出産時に、
セラピストがアプローチできることを、
女性分野の最前線でご活躍されている講師の方々の
講座を用意しております。

〔お申し込み〕
お申し込みはこちらから▶︎

【ウーマンズヘルスケアフォーラム2016in東京】
〔開催日〕2016年11月13日(日)
〔時間〕10:30~18:45(予定)
〔講師〕田口 順子先生 「産前産後のリハ」
布施 陽子先生 「妊娠・出産における理学療法」
須永 康代先生 「妊娠・出産期の運動学」
田舎中 真由美先生「骨盤底部機能不全に対する評価とアプローチ」
橋谷 圭伊子先生 「ツワリに悩まされない妊娠体質の創り方と赤ちゃんの成長と発達に必要な栄養」
〔会場〕すみだリバーサイドホール
(浅草駅より徒歩5分)
〔受講費〕14,800円(各種割引あり。詳しくはHPをご覧ください)
〔定員〕700名
〔参加者〕PT,OT,ST,Nrs,その他セラピスト

Pocket