Blog

【更年期障害でイライラが増える原因と対策】

女性ホルモンてどこで造られているかご存知ですか?

1つは卵巣。
もう1つは副腎皮質です。

副腎皮質が作る女性ホルモンは少ないですが
更年期に差し掛かった女性には、
この少量のホルモンでさえとても重要になるのです。

副腎皮質は他にどんな働きがあるのかというと、
ストレスを感じたときに
【抗ストレスホルモン(コルチゾール)】を出し、
ストレスに体が対応できるように血糖値を上げたり、
血管を拡張して血液を送る能力を高めたりします。

ストレスを沢山受けてしまうと
副腎皮質は抗ストレスホルモンを出すのに必死になり
“女性ホルモン”の放出頻度が下がってしまいます。

つまり、副腎皮質に
女性ホルモンを放出してもらうために
ストレスを自発的に発散させることが大事なのです。

・カラオケで大声を出す
・おしゃべりをする
・笑う
・本を読む
・感動して泣く

など、ストレス発散となるようなことを意識してみると
更年期障害による悩みも緩和されるかもしれません。

〔お申し込み〕
お申し込みはこちらから
【ウーマンズヘルスケアフォーラム2016in東京】
〔開催日〕2016年11月13日(日)
〔時間〕10:30~18:45(予定)
〔講師〕田口 順子先生 「産前産後のリハ」
布施 陽子先生 「妊娠・出産における理学療法」
須永 康代先生 「妊娠・出産期の運動学」
田舎中 真由美先生「骨盤底部機能不全に対する評価とアプローチ」
橋谷 圭伊子先生 「ツワリに悩まされない妊娠体質の創り方と赤ちゃんの成長と発達に必要な栄養」
〔会場〕すみだリバーサイドホール
(浅草駅より徒歩5分)
〔受講費〕14,800円(各種割引あり。詳しくはHPをご覧ください)
〔定員〕700名
〔参加者〕PT,OT,ST,Nrs,その他セラピスト

Pocket