ブログ

日本女性の更年期は45~55歳であり、閉経は50歳前後で訪れます。
この間は精神疾患や内科的疾患、整形外科学疾患などでは説明のできない原因不明の症状や加齢による退行性疾患、おかれている立場の変化など様々なことが起こりやすい時期となります。

特に女性ホルモンの分泌量低下による、多種多様な症状に悩まされる女性を多く見受けられます。

例えば骨粗鬆症です。
骨粗鬆症とは骨密度が減少し、骨折しやすくなった状態をいいます。
閉経前より緩やかに女性ホルモンの分泌が減少し、閉経を境に急激に分泌量が減少します。閉経後は男性の持つ女性ホルモンの半分以下にまで分泌量が減少するとも言われています。

それに加え、女性は40代より脊柱のアライメント変化が、50代より握力低下が、60代からは著しい下肢筋力低下が起こると言われています。
これらの要因以外にも視覚や聴覚、前庭機能、高次脳機能の低下などが生じます。

それらが原因となって転倒しやすくなり、骨折してしまう女性が急増します。

更年期障害やホルモンバランスの変化は現代の医学では完全に回避することは難しいと言われています。
しかし、身体機能の低下は予防できる分野だと思います。

大抵のセラピストが女性患者や女性クライアントに遭遇したことがあると思います。
女性の一生涯でどのようなライフステージがあるか、またどのような身体の変化があるのか知る必要があります。

数年前から予防医学が重要視されていますが、この予防医学の観点からもウィメンズヘルスを学ぶ必要があるのではないでしょうか?

本日も最後までありがとうございました‼
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ウーマンズヘルスケアフォーラム2016in東京】
〔お申し込み〕
お申し込みはこちらから
〔開催日〕2016年11月13日(日)
〔時間〕10:30~18:45(予定)
〔講師〕田口 順子先生 「産前産後のリハ」
布施 陽子先生 「妊娠・出産における理学療法」
須永 康代先生 「妊娠・出産期の運動学」
田舎中 真由美先生「骨盤底部機能不全に対する評価とアプローチ」
橋谷 圭伊子先生 「ツワリに悩まされない妊娠体質の創り方と赤ちゃんの成長と発達に必要な栄養」
〔会場〕すみだリバーサイドホール
(浅草駅より徒歩5分)
〔受講費〕14,800円(各種割引あり。詳しくはHPをご覧ください)
〔参加者〕PT,OT,ST,Nrs,その他セラピスト

Pocket