Blog

 一般に、出産をイメージすると「陣痛が辛そう」「鼻からスイカが出てくるようなもの」が多く出てきますよね。
でも、実際に出産で大変なのはその時だけでなく、「出産後」もなんです。

産後が大変とわかっていても、「赤ちゃんと一緒に家で昼寝しながらだらだらしているだけなんじゃないか…」と少し思ってしまう心もありませんか??

でも、産後のママは誰に何を言われても、ちゃんと安静を取らないといけません!!

出産後の骨盤は、赤ちゃんの頭によって押し広げられて通り抜けてきたあとですので、相当な損傷を受けている状態です。

いうならば、交通事故後のような損傷です。

交通事故にあって1ヶ月経ってない人に対して、
「無理すると、後遺症が出るかもしれないからゆっくり休んで」ときっと言いますよね。

そのように考えると、産後のママにおいても同じことが言えると思います。

どうしても周囲の人の協力が得られなくて、産後ママが動かなければいけない場面もあるかもしれませんが、なるべくならば産後すぐは安静、もうしくは今後良い方向に向かうようにケアしていくことが重要です。

10ヶ月間お腹で赤ちゃんをしっかりと育ててきて、出産も頑張ったママですから1ヶ月くらいはゆっくり休んでもバチは当たらないのではないでしょうか。

周囲の人の協力があるからこそ休めるものなので、家族やその他みんなで協力できたら良いですね。

そのためには、妊娠中・出産・産後の身体がどうなっているかを知ることが大切だと思います。

フォーラムまで残り1週間を切りました。
まだ募集しておりますので、ぜひご参加ください*

【ウーマンズヘルスケアフォーラム2016in東京】
〔お申し込み〕
お申し込みはこちらから
〔開催日〕2016年11月13日(日)
〔時間〕10:30~18:45(予定)
〔講師〕田口 順子先生 「産前産後のリハ」
布施 陽子先生 「妊娠・出産における理学療法」
須永 康代先生 「妊娠・出産期の運動学」
田舎中 真由美先生「骨盤底部機能不全に対する評価とアプローチ」
橋谷 圭伊子先生 「ツワリに悩まされない妊娠体質の創り方と赤ちゃんの成長と発達に必要な栄養」
〔会場〕すみだリバーサイドホール
(浅草駅より徒歩5分)
〔受講費〕14,800円(各種割引あり。詳しくはHPをご覧ください)
〔定員〕700名
〔参加者〕PT,OT,ST,Nrs,その他セラピスト

Pocket