ブログ

仰向けで寝たときに、腰が床から浮いてしまっている方を多く見かけます。
それを直してもらうようにすると、腹筋に力を入れて戻す方が多いですが、力を抜くとまたもとに戻ってしまいますよね。

または、足を踏ん張り尾骨を天井の方に押し上げる方もいらっしゃいますが、どちらにしても常にどこかに力が入り緊張している状態です。

このような状態では、仰向けでいてもリラックスが十分にできません。

まずは、仰向けで膝を曲げ、足の裏を床につけます。
そして両手で骨盤を持ち、骨盤底筋群を収縮させた状態で軽く骨盤を浮かせて尻尾を丸め込むように骨盤を回転させます。

両手で持った骨盤を肩から遠ざけるようにしながら、脊椎を上からひとつずつ順番に床についていくようにしながら背中をゆっくりと床におろしていきます。

腹筋群を収縮させずに、ゆったりとした呼吸をつづけてください。
その後、骨盤底筋群は収縮させた状態のまま、殿筋群の力を抜きます。

このような方法だと、無理をして腰を丸めるのではなく自然と床に腰がついていませんか?
腹筋群の力を適切に抜くことで、ゆったりとした呼吸、胎児の入るスペースも作り出せます。

反った腰を修正する際は、胸骨と恥骨間の腹筋群を収縮させないことが大切です。

【ウーマンズヘルスケアフォーラム2017in大阪】
〔会場〕大阪YMCA国際文化センター
〔日時〕2017年7月2日(日)
10:00〜17:00(予定)
〔対象〕療法士、看護師、その他セラピスト
〔料金〕14,800円(税込)※各種割引あり

お申し込みはコチラ▶︎

Pocket