ブログ

腸は脳からの命令がなくても働けることは
既に知られていると思います。

 

腸は独自のネットワークを使って
他の臓器と協力し、
私たちの体を支えてくれています。

 

幸せホルモンと言われている
セロトニンは95%が腸で作られています。


このセロトニンは精神面との関係が深く、
感情を安定させる働きがあります。

 

これが不足すると感情のコントロールがつきにくく、
イライラしたり、
ストレスを感じやすくなり、
うつ症状に繋がるとも言われています。

 

セロトニンを作るためには、
セロトニンの材料となるトリプトファンを摂る必要があります。

トリプトファンは必須アミノ酸の一つで
体内では作られないため食べ物から摂らなければなりません。

それを多く含むのが
チーズや卵、豆類、ナッツ類、肉、赤身魚などの
タンパク質に富んだ食材です。

しかし、トリプトファンだけでは
セロトニンは作られないため
ビタミンB6を一緒に摂る必要があります。

 

また食事だけではなく、
日光浴や有酸素運動をすることで
セロトニンが作られると言われています。

 

食事は体の健康だけではなく、心の健康にも影響しています。

 

【ウーマンズヘルスケアフォーラム2017in大阪】
〔会場〕大阪YMCA国際文化センター
〔日時〕2017年7月2日(日)
10:00〜17:00(予定)
〔対象〕療法士、看護師、その他セラピスト
〔料金〕14,800円(税込)※各種割引あり

お申し込みはコチラ▶︎

Pocket