ブログ

インナーユニットは横隔膜・腹横筋・多裂筋・骨盤底筋群で構成されています。

これらの筋の機能や協調性を高める事で内部にある内臓を支え、姿勢を保持しています。

妊娠期では、胎児の成長に伴いお腹が大きくなっていく中で腹横筋や骨盤底筋群のサポートが不十分な状態では、子宮などの臓器が下方に下がりやすくなってしまいます。

その結果、お腹が張りやすくなったり、腰痛や尿もれなどの不調を感じる事も起こってしまう事もあります。

出産時、経膣分娩ではリラキシンホルモンなどの影響により骨盤が開き、骨盤底筋群や骨盤底の神経・毛細血管にも大きなストレスが生じます。

帝王切開においてはインナーユニットを構成する腹横筋を切開します。

妊娠期や出産時、産後に体を支えるための重要な役割を果たすインナーユニットの機能低下があると身体への大きな負担がかかってしまいます。

特に出産後にダメージを受けた筋群をそのままにして動き出してしまうと腹部や骨盤底に力が入らず

赤ちゃんのだっこ等で腕や手首に大きな負荷量が加わり、腱鞘炎や腰痛の要因となりやすいのです。

今後妊娠・出産を考えている方や出産を控えている方、産後の方は特にインナーユニットの評価、アプローチも十分に行っていくことが重要です。

そして、妊娠中や産後にどのようなことが起こりうるかということを、患者さんやクライアントさんに妊娠中やそれ以前からお伝えすることができれば、出産時・産後の早期からのケアにつながるのではないでしょうか。

そのためには、産前産後で何が起こるか、何故起こるのかを知ることが大切ですね。

【ウーマンズヘルスケアフォーラム2017in大阪】
〔会場〕大阪YMCA国際文化センター
〔日時〕2017年7月2日(日)
10:00〜17:00
〔対象〕医師、療法士、看護師、その他セラピスト等
〔料金〕14,800円(税込)※各種割引あり

お申し込みはコチラ▶︎

【ウーマンズヘルスケアフォーラム2017in東京】
〔会場〕浅草ヒューリックホール
〔日時〕2017年10月15日(日)
10:00〜18:30
〔対象〕医師、療法士、看護師、その他セラピスト等
〔料金〕参加費:¥12,960(税込)
実技チケット:¥1,080/1講座(税込)
お申し込みはコチラ▶︎

【ウーマンズヘルスケアフォーラム2017in福岡】
〔日時〕2017年11月26日(日)9:00〜17:00
〔会場〕 南近代ビル
〔対象〕医師、療法士、看護師、その他
〔料金〕プレミアム席(限定16席):¥18,800(税込)
A席(120席):¥16,800(税込)
B席(214席):¥14,800円
お申し込みはコチラ▶︎

Pocket