ブログ

会陰部の筋肉は仙骨、尾骨、坐骨結節と恥骨の間に網状に走行し、各筋肉は支持や括約などの特殊な役割を持ちます。

外壁は横紋筋で構成され、閉鎖孔は内閉鎖筋により閉じられており、大坐骨切痕と仙骨の間は梨状筋によって閉じられています。
そのため、股関節と骨盤・骨盤底の関わりがとても大きくなっています。

骨盤底は、肛門挙筋、会陰横筋、括約筋から構成されています。

 肛門挙筋は菱形で、後部は尾骨と2つの小さい仙結節靭帯、前部は恥骨結合と、坐骨結節恥骨結合間に分布する2つの腱弓に囲まれています。
肛門挙筋は恥骨および腱弓に付着し、その肥厚性線維は直腸周囲を通り反対側の腱弓に付着します。
この線維は半円状を描き、最終的に尾骨に付着します。

肛門挙筋は恥骨部(恥骨尾骨筋)と、さらに外側の腸骨部(腸骨尾骨筋)に区別できます。

別の筋肉である尾骨筋は、坐骨棘を尾骨と仙骨に連結し、肛門挙筋とともに後部に続き同平面に走ります。

 今回は肛門挙筋を中心にお話ししましたが、基礎的な解剖を理解していることで、骨盤底の障害と思っていても実は違うところに原因があった、という発見につながりやすくなります。

また、骨盤周囲の解剖について徐々にご説明していきますね。

【ウーマンズヘルスケアフォーラム2017in大阪】
〔会場〕大阪YMCA国際文化センター
〔日時〕2017年7月2日(日)
    10:00〜17:00
〔対象〕医師、療法士、看護師、その他セラピスト等
〔料金〕14,800円(税込)※各種割引あり

お申し込みはコチラ▶︎

Pocket