ブログ

〜講師紹介〜
【布施陽子先生】

『産前産後の理学療法』
妊娠・出産は病気ではない事からマイナートラブルに対するケアが十分行えていない事が多い。妊娠中は腰痛があって当たり前ではなく、無事に子どもを出産する事が出来れば良いというわけではない。

 妊婦(産前)の理学療法を実施する際には、妊娠により変化する女性の身体機能を理解し、正常に機能しているか否かを評価する事が重要である。

 本講演では、妊娠・出産に伴う身体機能変化・評価項目を解説しながら、実際に臨床で取り組んでいる妊婦を対象とした理学療法の展開を実技にて紹介する。また、産後の理学療法として産前より指導している内容を中心に紹介する。

【プロフィール】
ウーマンズヘルスケアの領域に興味を持ち、研究を重ね大学院にて保健医療科学修士を取得。現在は病院の中で医師と連携し、産前産後の理学療法が確立するよう研鑽している。

【資格】
・理学療法士
・保健医療科学修士
【所属】
文京学院大学保健医療技術学部理学療法学科 助手
【経歴】
2006年4月東京北社会保険病院リハビリテーション科 理学療法士
2012年4月東京北社会保険病院リハビリテーション科 理学療法士(非常勤)
2012年4月文京学院大学保健医療技術学部理学療法学科 助手
2014年5月東京北医療センターリハビリテーション室 理学療法士(非常勤)
【著書】
88の知が生み出す臨床技術 ブラッシュアップ理学療法(共著,三輪書店,pp108-113)
ヤンダアプローチ—マッスルインバランスに対する評価と治療—(共著,共同翻訳,三輪書店)
【学術論文】
1 超音波診断装置による腹横筋厚計測の信頼性の検討(原著)文教学院大学保健医療技術学部紀要2010;3:7-12
2 安静背臥位とストレッチポール上背臥位における腹筋群筋厚の検討(原著)理学療法科学2012;27(1):77-80
3 出産と理学療法 理学療法(PT)ジャーナル2013,888-894
【学会賞】
第48回日本理学療法学術大会優秀賞(2013年)
「腹横筋エクササイズ継続による身体機能変化」

【ウーマンズヘルスケアフォーラム2017in東京】
〔会場〕浅草ヒューリックホール
〔日時〕2017年10月15日(日)
    10:00〜18:30
〔対象〕医師、療法士、看護師、その他セラピスト等
〔料金〕参加費:¥12,960(税込)
    実技チケット:¥1,080/1講座(税込)
お申し込みはコチラ▶︎

Pocket