平元 奈津子

プロフィール

広島国際大学総合リハビリテーション学部リハビリテーション学科講師として妊産婦の身体症状に関する研究やウィメンズヘルスにおける理学療法に関する研究に取り組んでいる。(公社)日本理学療法士協会「ウィメンズヘルス・メンズヘルス理学療法部門」運営幹事として学術活動の推進や研究会運営などに携わっている。

【所属】広島国際大学総合リハビリテーション学部リハビリテーション学科 講師
【学位・資格】博士(医療工学)・理学療法士・アロマコーディネーター
【専門分野】ウィメンズヘルス理学療法、運動器疾患理学療法学
【所属学会】日本理学療法士協会、日本母性衛生学会
【著書】
・ウィメンズヘルスリハビリテーション (共著,編集者) メジカルビュー社 2014
・治療を支える疾患別リハビリテーション栄養(共著)南江堂 2016
【論文】
・妊婦に対する理学療法.理学療法学41(8):165-169,2014
・成人期にみられる男女の身体変化と症状:妊娠出産と男女の更年期.理学療法学41(8):511-555,2014
・Spinal curvature and characteristics of postural change in pregnant women. Acta Obstetricia et Gynecologica Scandinavica 91(7):856-61,2012
・主成分分析を用いた妊婦の姿勢分類の有用性–妊婦の姿勢変化と身体症状の関係性に関する基礎調査.医療工学雑誌(5):1-8, 2011
・産後の身体のマイナートラブルに対する理学療法.医療工学雑誌(4):1-7, 2010
【講演】
・産後ママのリフレッシュ講座[東広島市子ども家庭課主催,2016]
・女性に対する理学療法~妊娠中,産後,更年期の女性に対して~[第20回広島県理学療法士学会,2015]
・男性・女性のからだの変化を知ろう[第49回日本理学療法学術大会,2014]
【学会発表】
・妊婦の身体症状と姿勢の特徴―初妊婦と経産婦の比較―.第50回日本理学療法士学術大会,2015
・Pelvic girdle pain in Japanese postpartum women. 40th Annual Meeting, IUGA; international urogynecological association, 2015, Nice, France.
・主成分分析による妊婦の姿勢と身体症状の関係についての研究.第48回日本理学療法学術大会,2013
・妊婦の姿勢評価 非妊娠女性との比較.第47回日本理学療法学術大会,2012年
・妊婦の姿勢評価とマイナートラブルとの関係.第53回日本母性衛生学会総会,2012年
・産前産後の姿勢変化とマイナートラブルに関する研究.第43回日本理学療法学術大会,2008年


講演内容

妊娠期〜産後のマイナートラブルと姿勢変化

講演内容は順次公開予定
その他講師紹介へ