2018年ウーマンズヘルスケアフォーラム大阪大会


7月8日(日)
女性の健康を広く、深く学ぶ

年々、需要が増しているウーマンズヘルスケア。
過去数回に渡って行っているこのフォーラムも、お陰様で年々参加者が増えていき、その関心の高さが伺えます。
我々セラピストもこの流れに合わせて最新の情報や技術を獲得していく必要に迫られています。
今年は講師陣の数も増え、昨年よりも更に充実した内容となっております。
今回は理学療法に加え、栄養分野の専門家の方に講演していただきます。
様々な領域の女性医学を学べる数少ないチャンスです。
前回参加された方も、更に満足できる内容となっていますので、ぜひ、ご参加ください!


あのリアラインコンセプトを実技で学べる

今大会では通常の座学に加えて、リアラインコンセプトで有名な広島国際大学の蒲田先生による実技講座を別に受講することできます。
実技講演に参加したい方は追加料金をお支払することで、別部屋で実施される特別セミナーを受講することができます。
実技を受けることによって、更に学習度を高めることができ、現場に活かしやすくなります。
定員に限りがあるので、申込みはお早めに!

  • 実技講義1【デバイスと運動療法による産後の仙腸関節障害のマネジメント】
  • 実技講義2【徒手療法と運動療法による産後の仙腸関節障害に関わる骨盤マルアライメントの治療】

注目の講師陣

稲福 陽子先生(一般社団法人 骨盤フィジカルケア研究会)

講演テーマ【産前産後の骨盤〜臨床と計測〜】

理学療法士として、総合病院の集中治療室にて呼吸リハビリテーションに専従し、胸郭・骨盤の機能が呼吸・循環動態に影響を及ぼすことに着目しアプローチしてきた。その中で産婦人科医師や助産師からの要請を受けることが多くなり、妊娠中および産後の女性の骨盤機能の不具合や運動器トラブルの解決に介入してくことになる。当時の保険診療制度の壁に直面し苦悩しながらも、周産期分野の臨床と研究を探求していきたいという思いで、独立することを決意した。その初月から医療機関からの紹介や一般の方の来訪が殺到し、年間約2000名の症例にかかわることになり6年になる。現在は、医療検査機器を導入し、重心動揺圧分布装置や経膣筋電計、デジタル角度計測機器などで、臨床の課題を計測化しながら、メンテナンスや指導を展開している。セラピスト向けの講習を務める傍ら、生殖補助医療や産科学分野において医師や助産師らとの共同研究を遂行中である。
執筆:『ウィメンズヘルスと理学療法』(三輪書店、第7章 妊娠に向けての身体つくり)

さらに詳しい講演内容やプロフィールはこちら

蒲田 和芳先生(広島国際大学教授、株式会社GLAB代表取締役)

講演テーマ【産後に発生する重度骨盤帯痛を防ぐための骨盤ケアの考え方:リアライン・コンセプトに基づく治療法】

実技①テーマ【デバイスと運動療法による産後の仙腸関節障害のマネジメント】

実技②テーマ【徒手療法と運動療法による産後の仙腸関節障害に関わる骨盤マルアライメントの治療】

学術博士、理学療法士、日本日本体育協会アスレティックトレーナーの資格を有し、スポーツ現場でのサポート、整形外科疾患の臨床、関節バイオメカニクスおよび関節疾患治療学の研究に取り組んでいる。関節疾患の治療や関節機能を最大化するためのトレーニングにおいてアライメントの最適化を重視する治療・トレーニング理論である「リアライン・コンセプト」を提唱。
「骨盤」は現在の研究、治療法確立、治療技術の普及活動の中心になっている。臨床的に「骨盤マルアライメント」を精密に分析する方法は確立されていないため、MRIやCTから作る骨盤の3次元モデルにおいて、精密な測定方法を開発。次に、仙腸関節痛に代表される骨盤帯痛(PGP)の治療法について、まずアライメントを最適化することを最優先とした治療の設計図を構築し、確実に仙腸関節へのストレスを解消する方法を構築していっている。さらに、骨盤のマルアライメントを引き起こす股関節の拘縮を確実に解消するための徒手療法として「組織間リリース」を開発し、その普及に取り組んでいる。
著書:リアライン・トレーニング体幹・股関節編(講談社)
監修:Sports Physical Therapy Series (12冊)(ナップ),コアセラピー(講談社),コアコンディショニングとコアセラピー(講談社)
さらに詳しい講演内容やプロフィールはこちら

下田 真太郎先生(長崎百合野病院、Professional Education Team Lionk代表)

講演テーマ【産後の女性に対する理学療法‐病院内外での取り組みと症例報告‐】

【講師コメント】
長崎県の急性期整形外科に勤務し、妊産褥婦に対する理学療法を実施しています。
当院には産婦人科はありませんが、長崎県下の病院・産婦人科クリニック・助産院・行政機関などより、紹介を受け産前産後理学療法を行っています。
どのようにして地域と連携を組み、信頼を受けたのかを長崎の事例を通しお伝えします。
加えて、妊婦さんの理学療法を行う上で大切なことを症例報告を通しお話しします。
事故がなく安全に理学療法を行うためにはどうするべきか?を知るきっかけになればと思います。
さらに詳しい講演内容やプロフィールはこちら

橋谷 圭伊子先生(一般社団法人健康指導師会 副理事長、NPOがんコントロール協会理事)

講演テーマ【調整中(妊娠のための栄養アプローチに関する内容を予定)】※決定次第発表いたします

細胞レベルの最先端栄養学である「正常分子栄養学」を、37年間提唱し続けてきた叔父である’森山晃嗣’の教えのもと、幼い頃から栄養学に親しむ家庭で育つ。3歳の頃、父が34歳という若さでクモ膜下出血により他界したことにより、物心ついた頃から身体を創る「食」について関心を持ち始める。2006年より細胞レベルの最先端栄養学である「正常分子栄養学」を本格的に学び始め、その後代替医療専門クリニックにて栄養管理を担当。多くの患者さんをサポートして行く中で、健康で幸せな人生を全うするためにも栄養の知識を広く伝えていきたと考え、セミナーやコラム等の執筆、個別相談などで健康に関する多くの相談を受けるようになる。2016年自身の第一子妊娠を機に、妊娠前に必要な体づくりから産後まで「女性のための栄養学」をテーマに、栄養の知識を持った女性たちの育成に力を注ぐことを決意。同年12月に元気な女の子を出産し、自身の体験を通して多くのママたちをサポートしたいと考え、SNSやブログを通して栄養の知識や料理レシピなどの情報提供を行っている。
さらに詳しい講演内容やプロフィールはこちら


タイムスケジュール

【時間帯】 【メイン会場(6階)】 【実技会場(5階)】
 9:00〜10:00 受付開始
 10:00〜11:20 下田真太郎先生講演
11:30〜13:00 蒲田和芳先生講演
13:00〜14:00 休憩(60分)
14:00〜15:15 橋谷圭伊子先生講演 蒲田和芳先生実技講演①※申し込み必要
 15:30〜17:00 稲福陽子先生講演 蒲田和芳先生実技講演②※申し込み必要

大会概要

【日時】2018年7月8日(日) 10:00〜17:00
【会場】大阪リバーサイドホテル
※大阪環状線「桜ノ宮駅」西口より徒歩3分
【対象】療法士、看護師、助産師、その他セラピストなど
【定員】300名
注:託児所はありません

申し込みはこちらから


実技について

WHCF2018大阪大会で実技講義の参加を希望される方は、
申し込み時に実技プランを選択する必要があります。

実技①(14:00〜15:15)【デバイスと運動療法による産後の仙腸関節障害のマネジメント】
実技② (15:30〜17:00)【徒手療法と運動療法による産後の仙腸関節障害に関わる骨盤マルアライメントの治療】

Aプラン  Bプラン  Cプラン Dプラン
メイン会場のみ(実技なし)  メイン会場+実技① メイン会場+実技② メイン会場+実技①+実技②
¥10,800(税込み)  ¥12,960(税込み)  ¥12,960(税込み) ¥15,120(税込み)
メイン会場の聴講のみできます。実技会場への参加はできません。 メイン会場の聴講に加えて、14:00〜15:15に別会場で行う蒲田先生(実技①)に参加が出来ます。
メイン会場の聴講に加えて、15:30〜17:00に別会場で行う蒲田先生(実技②)に参加が出来ます。
メイン会場の聴講に加えて、14:00〜15:15に別会場で行う蒲田先生(実技①)と15:30〜17:00に別会場で行う蒲田先生(実技②)に参加が出来ます。
300名定員 30名定員(先着)  30名定員(先着) 30名定員(先着)

申し込みはこちらから

【キャンセルについて】
お振り込みの有無に関わらず、キャンセルには対応致しておりません。 お申し込みをされた時点で受講料の100%の料金が発生致します。また、お振込み後の返金は致しかねますので、予めご了承頂きますようお願い申し上げます。

PAGE TOP