ブログ

女性の体の悩みで頻繁に挙がる生理痛。
生理の時期には様々な症状が出てきますが、皆さんは生理のことをわかっていますか?
毎月やってくるものなのに、生理のメカニズムをわかってない方は多いと思います。

今回は生理のメカニズムを図解でわかりやすく解説します。

4つの段階がある生理周期

生理とは約1ヶ月の間隔で起こり、数日で自然に止まる子宮内膜からの周期的な出血をいいます。
生理の周期は、
①卵胞期
②排卵期
③黄体期
④月経期(生理)
の4つの時期に分かれます。
それでは、一つ一つの時期の解説をしていきますね。

①卵胞期─受精卵を迎えるためにベッドを作成─

卵胞期は受精卵が着床するため、子宮内膜が増殖する時期です。
つまり、受精卵を寝かせるためのベッドを作る期間です。
この時、大きな働きをするホルモンが「エストロゲン」です。

 【エストロゲン】 

女性ホルモンの一種で卵胞ホルモンとも呼ばれる。

女性器以外にも骨量維持や皮膚の美容面、精神面に働きがある。

卵胞から分泌されたエストロゲンは子宮内膜を増殖・肥厚させます。
このエストロゲンの働きにより、受精卵を迎え入れる土台を作るのです。
つまり、エストロゲンはベッド作り専門の女大工
美容面で有名なエストロゲンは生理時にはたくましい一面を見せてくれるのです。

②排卵期─卵子が巣立つ時期─


この時期は成熟した卵胞から卵子が飛び出し、卵巣を出ていく「排卵」が起こります。
このとき、子宮内に精子が侵入すれば卵子と結合して受精することができます。

\もっと女性医学を知りたい方はココ!/


>>詳しく見る

③黄体期

─ベッドメイキングのプロが大活躍─

卵子は受精しただけでは妊娠はしません。
受精卵が子宮内膜(ベッド)に『着床』して初めて妊娠となります。
黄体期では『プロゲステロン』が大量に分泌されることにより、子宮内膜を着床に適した状態にします。
つまり、女大工のエストロゲンが作成したベッドに、プロゲステロンがふかふかの布団を敷いてくれるのです。

 【プロゲステロン】 

女性ホルモンの一種で黄体ホルモンとも呼ばれる。
基礎体温を上昇させ、妊娠の維持、乳腺の形成など、妊娠に欠かすことのできないホルモン。

子宮内膜が充実する影響で、下腹部になんとなく不快感や違和感を感じる時期でもあります。
心身ともテンションは高まりますが、プロゲステロンは精神的にデリケートな状態にさせます。

身体・精神面に不調がでる月経前症候群(PMS)はこのプロゲステロンのバランスの崩れが大きな原因だと言われています。

④月経期(生理)─次の生理周期に向けてベッドの取り壊し作業─

卵子が受精・着床しなかった場合、プロゲステロンとエストロゲンの分泌が減少し、子宮内膜が剥がれて排出されます。
これが月経と言われているものです。

一般的に言われている『生理』はこの時期のことを指します。
この時期は子宮内膜の剥離によって経血が排出されます。
3〜7日ほど経つとエストロゲンが再び分泌され、子宮内膜が再生しすることで止血されます。
ここまで生理周期を4つの時期に分けて解説しました。
生理は様々なホルモンの分泌量が目まぐるしく変化するので、 身体面・精神面への影響が大きいのが特徴です。
生理のメカニズムを知ることで、現場で女性を診る時の評価材料として役に立つかもしれません。
参考文献
病気がみえる 〈vol.9〉 婦人科・乳腺外科 (編)医療情報科学研究所

【福岡開催!ウーマンズヘルスケアフォーラム2018】

【日時】2018年9月9日(日) 9:00〜17:00(予定)
【会場】リファレンス駅東ビル(3 階 H-2 会議室) 
※JR博多駅 筑紫口より徒歩4分
※福岡市営地下鉄博多駅 筑紫口改札口より徒歩4分
【対象】療法士、看護師、助産師、その他セラピストなど
【参加料金】15,800円(税込み)
【定員】204名
【持ち物】動きやすい格好、ヨガマット(お持ちでない方は大きなバスタオルでも可)

>>詳しい情報はこちらをクリック

Pocket