fbpx

2018年ウーマンズヘルスケアフォーラム東京大会

11月11日(日)
東京でウーマンズヘルスケアを学ぶ

年々、需要が増しているウーマンズヘルスケア。
過去数回に渡って行っているこのフォーラムも、お陰様で年々参加者が増えていき、その関心の高さが伺えます。
我々セラピストもこの流れに合わせて最新の情報や技術を獲得していく必要に迫られています。
今年は講師陣の数も増え、昨年よりも更に充実した内容となっております。
今回は理学療法に加え、泌尿器科の医師やアロマセラピーの専門家の方にも講演していただきます。
様々な領域の女性医学を広く、深く学べる数少ないチャンスです。
前回参加された方も、更に満足できる内容となっていますので、ぜひ、ご参加ください!

チケット購入で
実技も学べる!

今大会では通常の座学に加えて、実技講座を別に受講することできます。
実技講演に参加したい方は申込み時に追加で参加チケットを購入することで、
別部屋で実施される特別セミナーを受講することができます。

実技を受けることによって、更に学習度を高めることができ、現場に活かしやすくなります。
定員に限りがあるので、申込みはお早めに!

【料金】
実技チケット1講義につき
3,240円(税込)
【対象の実技講義】
・田舎中 真由美先生
・星 賢治先生
・生方 瞳先生
・稲福 陽子先生
※実技講義のみの参加はできません。
※大会申込み申し込みの後に、実技チケットの申し込みをしてください。

 

注目の講師陣


理学療法士免許取得後、広島市内のスポーツ整形外科クリニックでの勤務の傍ら、県内大学サッカー部の帯同トレーナーとして参加。その後、広島国際大学大学院に進学し、蒲田和芳教授のもとで生体の動態解析に従事するとともに、リアライン・コンセプトを学ぶ。現在は関節マルアライメントの解析および治療方法に関する研究の実施とともに、日本健康予防医学会関節疾病予防専門部会カリキュラム委員、認定講師として、全国各地でアライメントと整形外科疾患に関する講演、講習会活動を行っている。
また自らが複数回の仙腸関節痛を経験したことを機に、骨盤マルアライメントと仙腸関節痛との関連に着目し、臨床現場において即時的に疼痛を軽減することの出来る治療法の確立に向けて日々の治療や後進の育成に携わっている。

【資格、学位】
理学療法士、教育学士、医療工学博士
日本健康予防医学会関節疾病予防専門部会 Level 4:ファカルティ
【執筆】
Sports Physical Therapy Series
足関節疾患のリハビリテーションの科学的基礎(編集)
膝関節疾患のリハビリテーションの科学的基礎(関節外要因による膝関節可動域制限)
骨盤・股関節・鼠径部のスポーツ疾患治療の科学的基礎(骨盤輪不安定症の疫学、病態)
講演テーマ
【座学】
産後に発生する重度骨盤帯痛を防ぐための骨盤ケアの考え方:リアライン・コンセプトに基づく治療法
【実技】
徒手療法と運動療法による産後の仙腸関節障害に関わる骨盤マルアライメントの治療※実技チケット購入必要

徒手療法と運動療法による産後の仙腸関節障害に関わる骨盤マルアライメントの治療産後であるか否かに関わらず骨盤帯痛の原因として骨盤のマルアライメントが関与することを説明いたします。「産後だから」という一言は骨盤帯に起こっている問題を直視することを妨げ、場合によってはセラピストとして「産後だから治せない」という言い訳にもなりかねません。「産後だから治せない」ではなく「産後でも治せる」と思っていただけることが重要だと考えています。
次に、治療の設計図についてお話しします。設計図とbは、治療の優先順位と細分化された到達目標の設定を意味します。骨盤帯痛に限らず、すべての関節疾患において、理想的なアライメントを保ちつつ全可動域での他動運動が可能になることを左右遷都します。他動運動が正常化されて初めて、筋活動による運動のコントロールが意味を持つようになります。最終的には動作を修正することによりマルアライメントの再発予防に取り組みます。
最後に、骨盤帯痛の原因となるマルアライメントの原因とその結果生じる症状についてお話しします。症状はマルアライメントによって引き起こされた応力集中の結果生じたものと位置づけ、その治療(対症療法)の要点を紹介します。一方で、対症療法では解決できないメカニズムの治療は、マルアライメントの最適化と安定化により達成されます。この両方の治療が完結して初めて骨盤帯痛の治療が完了することになります。
以上を90分間の講演で深く説明することは容易ではありませんが、今回は骨盤初心者にも理解していただけるレベルを予定しています。

大学では女性における腹圧性尿失禁をテーマとした研究を行っている。イタリアにて筋膜マニュピレーション国際コースLevel Ⅲを受講し、その後アメリカで実際に解剖を行い自分の目で筋膜や筋膜連結について学んできた。現在は臨床において、産前・産後の女性が抱える肩こりや腰痛、むくみなどのマイナートラブルに対し筋膜の視点からアプローチをしている。

【資格/研修】
PT(理学療法士),Ph.D(保健医療学博士)
◎アメリカ理学療法士協会認定女性医学コース
産前産後コースⅠ,骨盤底筋コースⅠ 修了
◎筋膜マニピュレーション国際コース レベル1,2,3 修了
◎Fascial Manipulation® Assistant trainer
◎Anatomy Trains 女性の骨盤と人生のサイクル 修了
◎The Thorax & Pelvis The Integrated Systems Model 修了
◎2018 Fascial Dissection Course in AZ(筋膜解剖コース in アリゾナ)修了
【所属】
・高崎健康福祉大学理学療法学科 講師
・三枝産婦人科 非常勤(東京都西葛西)
【主な論文】
●中高年女性における腹圧性尿失禁とインナーユニット機能との関係性
●The Intervention Effects of Different Treatment for Chronic Low Back Pain as Assessed by the Cross-sectional Area of the Multifidus Muscle
●慢性腰痛症における多裂筋筋硬度の左右差について
●Relationship between the phases of the menstrual cycle and the transversus abdominis muscle.
●Reliability of measuring pelvic floor elevation with a diagnostic ultrasonic imaging device.
【受賞歴】
2018年 「理学療法学」第9回学術優秀論文賞 優秀賞受賞
講演テーマ
女性のための筋膜アプローチ

国民生活基礎調査における女性の訴える不調ベスト3の肩こり・腰痛・手足の関節痛に対し筋膜の視点から解き明かしていきます。近年、筋膜がなぜ注目されているのか?筋膜が機能障害を起こすってどういうこと?機能障害をおこしたらどうしたらいいの?という疑問を解決していきたいと思います。そして、筋膜に対するアプローチを体験していただき、症状の改善や運動パフォーマンスの向上などを感じてもらいたいと思います。

男性不妊症、勃起・射精障害、性感染症を専門とする泌尿器科医。
ホームページ:Dr.小堀の男の妊活ガイド
Facebook:コボちゃん先生の射精障害講座
連載:ヨミドクター「オトコノコト医師・小堀善友ブログ」

【主な著書】
『泌尿器科医が教えるオトコの「性」活習慣病』
『妊活カップルのためのオトコ学』
『泌尿器科医が教える正しいマスターベーション』【受賞歴】
2008年 日本性感染症学会 学術奨励賞
2009年 日本泌尿器科学会東部総会 優秀演題賞
2016年 第104回日本泌尿器科学会総会賞
2016年 AUA2016(米国泌尿器科学会) Best poster award
2016年 第35回日本アンドロロジー学会学術大会 学会賞
2018年 AUA2018 (米国泌尿器科学会) Best poster award
講演テーマ
女性に知ってほしい男性の性の話
〜男性不妊症、射精障害

現在6カップルに1組は不妊症であり、その原因の48%は男性である。しかし、一般的には男性が不妊症になりうるという認識が十分にされているとは言いがたい。それは、男性側に問題があるだけではなく、社会システム上に男性が不妊治療を受ける基盤が整っていないという現状がある。例えば、ほとんどの男性が初めて精液検査を受けるのは産婦人科であり、その結果を聞いているのは男性本人ではなく半数以上はパートナーの女性である。つまり、男性は「精液を出す機械」でしかないのである。今回、女性を対象としたこの会において、男性が直面する性の問題について紹介し、パートナーである女性にフィードバックしていく。
原田香先生
イギリスにてアロマセラピーの国際資格を取得。その後St.Mary’s University(ロンドン)などで代替補完療法を学び、リラクゼーションサロン・スパ、そして産婦人科・緩和病院などで経験を積む。コスメブランドLUSHやパークハイアット東京のスパなど企業におけるマタニティトリートメントの技術指導や、主宰するスクールにてアロマセラピストへの講習をおこなう。また、前田産婦人科(神奈川)において産前産後のケアと、陣痛発来から娩出までの分娩期に介入した「アロマ分娩」をおこなっている。

【所属】
マタニティセラピストスクール代表
前田産婦人科(神奈川)アロマセラピールーム主任
国際メディカルセラピー研究会代表
【資格/研修】
英国ITEC 認定アロマセラピスト
英国ITEC Holistic Massage Diploma
英国FHT Manual Lymphatic Drainage Diploma
英国ITHMA Infant Massage Certif.
DONA International “Birth Doula Training”
Simkin Center at Bastyr University “When Survivors Give Birth Workshop”
【執筆】
産婦人科領域でのアロマセラピストの可能性・分娩時の和痛トリートメントとその効果(フレグランスジャーナル社aromatopia 24(6)55-59,2015)
性的虐待にあった女性の妊娠・出産・産後ケア(BABジャパンWeb Therapy Life)
サバイバーの妊娠・出産・産後ケアを学んで(フレグランスジャーナル社aromatopia 26(4)44-47,2017)
講演テーマ
周産期領域におけるアロマセラピー活用の可能性

今回の講演では、産前産後と分娩時に、「安全に」「効果的に」アロマセラピーを活用する方法をお伝えしたいと思います。アロマの芳香成分は鼻腔から嗅神経を介して大脳辺縁系に達して自律神経活動に影響を及ぼすことが認められています。これは産前産後のメンタルヘルスでの補完医療としても期待されます。
また、前田産婦人科では、これまで10年に渡って1000件の和痛分娩「アロマ分娩」をおこなっておりますが、分娩進行中に精油を用いることで、陣痛の閾値が上がることが多々ありました。これまでの臨床から見えてきたデータと症例についてもお話しします。

理学療法士として、総合病院の集中治療室にて呼吸リハビリテーションに専従し、胸郭・骨盤の機能が呼吸・循環動態に影響を及ぼすことに着目しアプローチしてきた。その中で産婦人科医師や助産師からの要請を受けることが多くなり、妊娠中および産後の女性の骨盤機能の不具合や運動器トラブルの解決に介入してくことになる。当時の保険診療制度の壁に直面し苦悩しながらも、周産期分野の臨床と研究を探求していきたいという思いで、独立することを決意した。その初月から医療機関からの紹介や一般の方の来訪が殺到し、年間約2000名の症例にかかわることになり6年になる。現在は、医療検査機器を導入し、重心動揺圧分布装置や経膣筋電計、デジタル角度計測機器などで、臨床の課題を計測化しながら、メンテナンスや指導を展開している。セラピスト向けの講習を務める傍ら、生殖補助医療や産科学分野において医師や助産師らとの共同研究を遂行中である。

【所属】
一般社団法人 骨盤フィジカルケア研究会 代表理事
事業所:産前産後の骨格調整からり
【資格/研修】
理学療法士(元呼吸療法認定士)
ダイアンリーISM up dateカナダ研修、
Kathe Wallace骨盤底筋に対する直接的評価とアプローチ、運動器疾患およびウロギネコロジー疾患に対する骨盤底筋群の評価と治療コース終了、
ガスケアプローチ(2013コース)終了
【執筆】
『ウィメンズヘルスと理学療法』(三輪書店)第7章 妊娠に向けての身体つくり
[発表・講師]
2016年日本女性医学学術集会にて『選択的運動療法の侍史における骨盤内血管の血流速度の計測~超音波エコーを用いて~』ポスター発表
2015年 産後リハビリテーション研究会にて講演
県内外のリハビリテーション科、産婦人科、泌尿器科向けの講習には、医師・看護師・助産師も参加している。
講演テーマ
妊婦さんへのコンディショニングの実際

・計測に基づいた座位姿勢の指導、
・骨盤帯への徒手療法、
・マタニティセルフケアの指導法
・分娩時介入の実例報告

理学療法士免許取得後、急性期、回復期の総合病院と整形外科クリニックで勤務。その後、オーストラリアへ渡り、オーストラリアの病院にてAssistant Physiotherapistとして経験を積む。その後、La Trobe Universityに進学し、Health Scienceについて学ぶ。Master courseを修了後、広島国際大学大学院に進学し、蒲田和芳教授のもとで産後の女性の骨盤帯痛について研究に従事する。その傍ら、日本健康予防医学会に所属し、リアライン・コンセプト、ISRについて学ぶ。現在は、産後の骨盤帯痛の持続因子と産後の骨盤アライメントの変化の関連について、研究を行うとともに、臨床現場での、産後の持続する骨盤帯痛の予防と対策の確立に向けて追及している。それと同時に、聖隷クリストファー大学にて助教として、理学療法士を目指す学生の教育に携わっている。

【資格、学位】
理学療法士
Master of Health Science
【執筆】
仙腸関節機能障害の病態 2017, Sports Medicine 189号
義肢装具学テキスト 改訂第3版 南江堂
Women’s Health Care と理学療法 特集 Women’s Health 2017, 理学療法
妊娠・出産による女性の身体的・精神的健康問題の経験と認識:Meta-synthesisを用いて 2016, リハビリテーション科学ジャーナル No.11
日本における産前産後骨盤帯痛を有する女性の経験とその治療に対する認識について 2017, リハビリテーション科学ジャーナル No.12

腰や骨盤周りの疼痛、女性特有の問題(産後骨盤周りの疼痛や尿漏れ、内臓下垂 等)を専門にしている。 学術活動としては日本理学療法士協会及び母性衛生学会に所属し、各学会にて 尿失禁、臓器下垂に対する理学療法、骨盤底部の運動機能等を発表。セミナー活 動としては、専門家向けに骨盤底筋群を中心にしたコアトレーニング、産後の機 能不全に対するアプローチ等のセミナーやワークショップを開催。 一般の方向けには産後のママさんの骨盤調整&コアエクササイズやシニア世代 に対する尿失禁予防トレーニングなどのワークショップを開催している。

【所属】
・インターリハ株式会社
・フィジオセンター
【学位・資格】
・理学療法士
・介護予防主任運動指導員
・心臓リハビリテーション指導士
【所属学会】
・平成7年4月熱川温泉病院就職
・平成10年9月米国にて尿失禁の理学療法の研修受講
・10月~3月熱川温泉病院退職,非常勤勤務
・10月~3月信州大学医療技術短期大学部理学療法学科非常勤研究員
・平成11年4月インターリハ株式会社就職
講演テーマ
骨盤底機能不全に対する効果的アプローチを考える
-腹部と下部尿路の筋膜連結と呼吸や腹圧の影響-

近年、尿漏れやダイエットのトレーニングとして骨盤底筋エクササイズが多くのメディアで取り上げられるようになってきた。しかし誤った理解の上でトレーニングを行った結果、症状が悪化してしまった症例も少なくない。
骨盤底筋群は臓器の支持、排尿・排便のコントロール、姿勢保持、腹腔内圧のコントロール、性機能と多くの役割を担っている。従って我々が臨床で遭遇する症例も、妊娠中や産後、更年期以降の尿失禁や骨盤臓器脱、未経産の尿失禁症例だけでなく、骨盤底筋群の過緊張による仙腸関節痛や尾骨痛等の運動器症状を呈す症例等、多様となる。
我々がこのように多様な症例に対して効果的なアプローチを行うためには、機能解剖と運動学は必須である。今回は骨盤底筋群の機能解剖と腹部及び下部尿路への筋膜連結を再確認する。また呼吸や腹圧による骨盤底部への影響を考慮することが重要である。尿失禁症例や運動器症状を有した症例紹介とともに、機能評価やアプローチを体感していただくことで、臨床の一助となれば幸いである。

萬福 允博

【資格】
理学療法士
ヨガインストラクター
がんのリハビリテーション研修 修了
【職歴】
H23年〜H29年:大阪医科大学附属病院 リハビリテーション科
H29年:田辺整形外科 上本町クリニック
H29年:乳腺ケア 泉州クリニック リハビリテーション科 科長(現在に至る)
【所属学会】
IASP (International Association for the Study of Pain)
ASCO (American Society of Clinical Oncology)
日本乳癌学会
日本緩和医療学会
日本運動器疼痛学会
日本ペインリハビリテーション学会 など
講演テーマ
乳がんサバイバーのサポーティブケア

近年、医学と技術の進歩により、乳がんの早期発見と早期治療が可能となり、がん生存率が向上しています。しかし、がん治療による副作用や合併症の有病率も増加し、身体・精神機能の低下やQOLの低下が報告されています。
乳がんのリハビリやサポーティブケアと聞くとリンパ浮腫に対するケアをイメージすることが多いかと思いますが、乳がん術後のリンパ浮腫発症率は年々低下しており、当院では患者全体の1.5%となっています。対照的に、がん治療による痛みや痺れは、乳がん術後1年以上を経過しても約50%の患者が訴えており、依然として有病率は高い状況です。そのため、世界中で疼痛や痺れに対する治療の重要性が示唆されていますが、本邦では、乳がんサバイバーの痛みや痺れに対する研究はほとんど行われていません。
本フォーラムでは、術前に評価しておくべき機能予後の予測因子、化学療法中や化学療法後の疼痛や痺れに対する介入、ホルモン治療中の体重増加や疼痛の管理、リンパ浮腫に対する正しい運動指導と管理など、最近の知見と当院で行っている研究、実際の症例を提示していきたいと思います。

 


大会概要

【日時】2018年11月11日(日) 10:00〜18:30
【会場】浅草橋ヒューリックホール
※総武線「浅草橋駅(西口)」より徒歩1分
※都営浅草線「浅草橋駅(A3出口)」より徒歩2分
【対象】療法士、看護師、助産師、その他セラピストなど
【定員】500名
【持ち物】
・名刺(数枚)
※受付時や各種イベントの時に必要になります。必ずご用意ください。
・動きやすい服装(実技講義参加の方のみ)
・ヨガマットまたはバスタオル(実技講義参加の方のみ)
注:託児所はありません


タイムスケジュール


※【注意】BとCの星先生の実技講義の内容は同じです。BとCの組み合わせで申し込むことはできません。

申し込み

【大会申込みチケット】
10,800円(税込)
大会終了しました
※学生参加については下記の詳細をご確認ください。
※座学講義のみ受講できます。
※実技講義は別途実技チケットの申し込みが必要です。
【無料:学生向け大会参加チケット】
学生申込み
※諸条件あり(詳細は下記にありますのでご確認ください。)
※座学講義のみ受講できます。
※実技講義は別途実技チケットの申し込み(有料)が必要です。
※学生スタッフ希望の方は【学生スタッフ希望】の欄にチェックをつけてください。
【実技チケット申込み】
1講義につき3,240円(税込)
実技チケット申込み
※実技講義のみのお申し込みはできません。
※必ず大会申込み完了後にお申し込みください。
※星先生の実技講義を2つ申し込むことはできません

 

 

 

学生の方は無料で参加できます!

今回、学生の方にも広く参加していただくため、学生の方は無料で参加できます。
※実技チケットは対象外となりますので、別途お申し込み(有料)が必要です。
無料参加にあたり、以下の条件がありますのでご確認ください。

諸条件あり(当日また詳しくご説明致します)
今回登壇される先生方の講演内容をメディア掲載するため、以下の登録をよろしくお願いします。
①リハビリメディアサイトPOST(ポスト)の無料会員登録
登録者には特別ムービーをプレゼント!→https://1post.jp/3726
②女性のリハビリテーション研究会公式Instagramをフォロー
Instagram→「jyoseireha」で検索しフォローをしてください。
こちらをクリック→https://www.instagram.com/jyoseireha/

学生スタッフも募集中!【特典あり】

学生の方向けにスタッフとしての参加も別途募集いたします!
スタッフとして参加していただいた方には、弊社が今後主催するセミナーに1回無料参加できます。

《対象セミナー団体》
女性のリハビリテーション研究会
臨床の学校
※定員には限りがあります。

学生スタッフとして参加したい方は学生申込みフォームにて
【スタッフ希望】の欄にチェックをつけてください。

<学生スタッフ業務内容>
日時:平成30年11月11日(日)
場所:浅草橋ヒューリックホール
※総武線「浅草橋駅(西口)」より徒歩1分
※都営浅草線「浅草橋駅(A3出口)」より徒歩2分
〈当日業務〉
8:00~19:00頃(多少前後することもございます)
・受付
・会場設営
・案内
・雑務
など

・先生方の講演を身近で聴講することができる(講義内容の選択は出来かねます)
・最新のウィメンズヘルスの知識や技術を身につけることができる
・第一線でご活躍されている先生方の働き方を身近で見て感じることができる
・数百名規模のイベントの進行がわかる
・スタッフみんなで1つのイベントを作り上げることができる
・縦と横のつながりができる
etc.
【無料:学生向け大会参加チケット】
学生申込み
※諸条件あり(詳細は上記にありますのでご確認ください)
※座学講義のみ受講できます。
※実技講義は別途実技チケットの申し込み(有料)が必要です。
※学生スタッフ希望の方は【学生スタッフ希望】の欄にチェックをつけてください。

諸注意

【キャンセルについて】
フォーラムお申し込み後のキャンセルは受け付けておりません。何卒、ご容赦をよろしくお願い申し上げます。
【領収書について】
当日はいかなる理由でも発行出来ませんのであらかじめご了承ください。
※振込が未完了の場合でも請求致します。
【その他】
1)受付は当日開講時刻の45分前となります。
2)当日の昼食費は参加費に受講料に含まれておりません。
3)ゴミは各自でお持ち帰り下さい。
4)会場内の物品は許可なく使用しないで下さい。破損、紛失した場合は弁償していただくことがございます。
5)必ず公共交通機関をご利用の上、ご来場下さい。
6)天災(地震、津波、火災、その他 またそれらに伴う交通機関の遅延や停止、付随する災害など)やその他やむをえない事情によりセミナーの開催を中止させていただく場合がございます。その際は速やかにEメールもしくは お電話にてご連絡をさせていただき、振替が可能な際は後日改めてご連絡を差し上げます。尚、上記理由から生じる交通機関の不通に対し、交通費旅費等の返金は致しかねますので、予めご了承下さい。
7)セミナー中のビデオ撮影、ボイス(テープ)レコーダー、携帯電話の録音機能、その他これらに類する行為は原則としてお断りしております。
8)お申し込みの際の連絡先の誤記載、誤入力(電話番号・メールアドレス)やメール、電話などの着信制限などによって生じる連絡の遅延などに関し、弊社は一切の責任を負いかねます。

昨年の模様

PAGE TOP